<% content.title %>スポンサードリンク




清流のコイのポイントの探し方

清流 コイ釣り (16).jpg 清流 コイ釣り (9).jpg

清流のコイ釣りのポイントのお話。

釣り雑誌や書籍には多くのコイ釣りポイントが紹介されています。
基本的にコイは河川の中流〜下流域を好み、生息してます。

今回は、”清流のコイ”を釣るのを目的にしています。
まず、地元にその清流が存在するのか?

河川自体の確認は、Google Earthなどで確認できます。
その後、その河川名&釣りで検索を実施。

さまざまな釣り情報が確認できるでしょう。
そのサイトの画像を確認し、その河川の美しさを見てみましょう。

家庭排水の流入がほとんど無く、澄みきった清流なのでしょうか?。

そんな河川では、渓流魚やアユ釣りなどが盛ん。
また、その河口〜海岸では様々な魚がよく釣れます。

だからコイ釣りを目的にしている釣り人はほとんどいないか、少数です。
コイなんて釣らなくても他にいくらでも釣り物がある。

そんな河川がねらい目です。

うっとりするようなきれいな流れの中にコイがいないか目視で確認します。

まずはコイの存在確認です。

意図的に放流されている場合もあるでしょうが、「釣ってはいけません」等の表示が無ければ問題ないでしょう。

コイの存在が確認できたら、その周辺を細かく確認します。
コイが集まっている場所、もしくは多くのコイが立ち寄る場所を探します。

そして、朝マズメや夕マズメにコイが捕食を行っているかどうかをチェックします。

コイは警戒心の強い魚です。

水が澄んでいればなおさらです。
捕食場所以外にエサを転がしても喰わないことが多いのです。

だから、多くのコイが捕食を行う場所を特定する必要があります。
捕食場所の確認は、清流の済んだ水だからこその強みかもしれません。

コイの集まる捕食場所が見つかったら、デジカメなどでその写真を撮っておきます。

人の記憶はあてになりませんからね。

あと可能であれば、上記のような場所を複数見つけておくとよいです。

私のように”食べる”ところまで目的の方はその水質&環境に妥協をしてはいけません。

川底は砂利もしくは砂であること。
泥が存在する場所は選択しないように。

まあ、気楽にやるなら地方へ他の釣りに行った時に綺麗な川が流れていたんで川の中見たらコイがいた。

って発見のパターンもありです。

■スポンサードリンク■


posted by ラテスJP at 10:01 | TrackBack(0) | 清流のコイのポイントの探し方
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166120007

この記事へのトラックバック


<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。