<% content.title %>スポンサードリンク




コイ 釣りの準備をしよう

清流 コイ釣り (19).jpg 清流 コイ釣り (1).jpg

コイ釣りは全国各地で盛んですね。

コイは食べる習慣のあまりない魚です。
しかし、きちんと処理すれば美味しい魚です。

まあ、ドロをはかせるところから手間ヒマはかかりますが。
内臓を食べないなら、清流のコイはそのまま調理してもドロ臭くありません。

一般にコイを食べるには釣りをしないと、難しいです。

地域によっては小売でもコイは売ってはいますが、昔からコイを食べる風習がある地域のみですね。

コイを調達出来る手段は釣りしかない!

さあ、まずはコイ釣りの道具をそろえるのですが、大げさに考える必要ありません。

釣り場にもよりますが、竿は安いものでOK。

必要な道具は、竿、リール、道糸、ハリス、釣り針、くらいでしょうか?
場所によってタモ網が必要です。

あと、強いて言えばコイを生かしておく為のロープですか。
コイをつないで生かしておきます。

竿やリールなどの基本的な道具を持っている場合、2000円もあればコイ釣りに必要な道具はそろいます。

あとは餌です。

基本的にコイは雑食性ですから、ミミズから練りエサまで何でも餌に使えます。

自分なりに餌を工夫をするのも楽しいものです。
迷いがあるなら、まず餌は市販のコイの練りエサが良いかと思います。

ただし、エサ取りが多い場所では完全に餌食になってしましますから、そういう場所では工夫が必要です。

練りエサなどで手がベタベタになって行きますから、タオルが1枚あると便利ですから持ってきましょう。

軽く濡らしておきます。

ここで釣りのマナーの話をしましょう。
大きく分けて、2つあります。

1つ目は環境に対するマナーです。
きれい事を言うのは好きではないので、最低限の話。

「自然に還らないものは捨てない!」

2つ目は人に対するマナーです。
声を掛けられたく無い方もいますので、必ず挨拶とかは言いません。

これも最低限の話。

「その釣り人の邪魔をしない!」

海でも川でも湖沼でも釣り人のマナー向上をめざしましょう!
そして、安全面には十分な注意を行ってください。


■スポンサードリンク■


posted by ラテスJP at 08:58 | TrackBack(0) | コイ 釣りの準備をしよう

この記事へのトラックバック


<% content.title %>スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。